• official web icon
  • blog icon
  • facebook icon
  • twitter icon
  • 杉山裕太郎 Yutaro Sugiyama

    杉山裕太郎アー写

    【生年月日】 1974年6月26日
    【出身地】  岐阜県
    【血液型】  A型
    【身長/体重】181cm/70kg
    【資格】 宅地建物取引主任者・書道師範免許
         教員免許(中学社会・高校地歴・高校公民)
          普通自動車免許・普通自動二輪免許
    【趣味】 サッカー・スノーボード・釣り・城巡り

    杉山裕太郎アー写


    シンガーソングライター/コメンテーター/俳優/作家 杉山裕太郎
    少年時代は優等生だったが、中学を境に非行に走り、暴走族リーダーや薬物乱用など、人生のどん底へ転落。
    しかし23歳の時、父との一夜の壮絶なドラマをきっかけに更生し、26歳で大学へ入学、首席で卒業、教員免許も取得したが、「歌で世の中の人たちに勇気を与えたい」と、30歳で音楽活動のために上京した。
    現在は、自身の壮絶な更生体験を伝えながら愛と絆の大切さを歌う“魂のヴォーカリスト”として、「魂のうた講演ライブ」を全国の学校や市町村など各地で開催し、人々に勇気と希望と感動の涙を与え続けている。
    また、青少年問題や薬物問題のエキスパートとして非行相談や青少年のサポートにも尽力しながら、TVやラジオのコメンテーター、本の出版などマルチに活躍。
    プライベートでは、子煩悩なイクメンパパとして子育てにも奮闘中。
    2015年には、永遠の親子愛がテーマの話題曲『ありのままを受け止めて』が、NHKなど多数のメディアで紹介されたほか、児童虐待防止や児童養護施設への支援活動も積極的に行なう。

    ☆杉山裕太郎オフィシャルHP:http://yutarosugiyama.com/

    【主な作品】
    ◆CDシングル『BIRTH』(2007年)
    ◆CDアルバム『SOUL VOICE』(2009年)
    ◆CDミニアルバム『今を生きる』(2012年)
    ◆著書『よみがえれ、魂の歌声~覚せい剤地獄から生還したヴォーカリストの記録~』(主婦と生活社)

    【メディア出演】
    ◆NHKニュース『おはよう日本』
    ◆NHK名古屋『さらさらサラダ』
    ◆TBS『ひるおび』 
    ◆テレビ朝日『ワイドスクランブル』
    ◆日本テレビ『スッキリ』
    ◆テレビ埼玉『ごごたま』・『NEWS930』エンディングテーマ(10~12月度)
    ◆ぎふちゃん『フォーカスぎふ』・『ニュース5プラス』
    ◆映画『築城せよ』(2009年)
    ◆映画『さよなら夏休み』(2010年)
    ◆Vシネマ『木槿の花』(2009年)
    ◆FM-NACK5(79.5)パワーセレクション(今を生きる、ありのままを受け止めて)・『ごごもんず』・『ヒッツザタウン』・『夕焼けシャトル』・『ハイパーラジオ』・『杉山裕太郎特番』など出演多数。
    ◆ベイエフエム(78.0)『K・WEST ENTAME GENERATION』
    ◆ZIP-FM(77.8)『ZIP REAL-EYES』
    ◆ニッポン放送『あさぼらけ』 
    ◆AM岐阜『土曜ラジオかわら版』レギュラー出演。
    ◆岐阜FM(80.0)『MORNING BIRD』
    ◆岐阜FMわっち『杉山裕太郎 魂のバラード』1年間放送。
    ◆週刊女性『人間ドキュメント』特集(主婦と生活社)
    ◆月刊『道徳と特別活動』(文溪堂)
    ◆季刊Be!99号 (ヒューマンアスクケア)
    (その他多数有)